第 31回親子海洋教室開催

 

   香川県地区小型船安全協会では平成28年7月23日(土)、今夏は瀬戸内芸術祭で盛り上がる小豆島「ふるさと村におきまして、総勢 73名の参加を得、『第31回親子海洋教室』を開催いたしました。       

 今回は高松海上保安部、小豆島海上保安署、海上安全指導員のみなさんの協力を得、日赤の指導員の方々による恒例の救命救急法をはじめレスキューボード体験、ヨット連盟の高校生によるヨット体験、またカヌー体験も実施しま した。

  日赤指導員による救急救助法体験では、レサシアンを使い人工呼吸・心臓マッサージを教えてもらい、親子で声掛けしながら体験。また広島航空基地のヘリコプター 『せとわし2号』と小豆島保安署巡視艇『きよづき』による空と海からの展示飛行に、参加者の皆さんはその雄姿に歓声を上げました。 

  その後、各自が救命胴衣を着け、カヌーとヨット体験はビーチサイトで講習 の後、一人乗り・二人乗りのカヌーに乗り込み海に漕ぎ出していきます。ヨットは高松商業の女子部員さんの操縦で親子で海を満喫しました。  

  また、日赤の指導員さんによるレスキューボードでは親子、兄弟でのスキンシップも体験できたのではないでしょうか。 沿岸で 待機の海上安全指導員さんの警戒船に見守 られ、楽しそうな歓声が上がっていました。       最後に は砂浜での宝探しで景品やお土産を手にして夏休みの 一日を家族で思う存分楽しみました。

 炎 天下、海岸や海上にて長時間にわたり、無事に盛り上げていただきました皆様に感謝を申し上げますとともに、今後とも会員のご支援ご協力を賜ります様よろしくお願いします。

 
開会式 恒例の救命救急
お〜〜い!! あっ、来た来た!!
さぁ、乗ってみよう! レスキューボード
スイスイと気持ちよく☮ おつかれ様です

back top